読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tipman’s blog 333

3日坊主が3ヶ月継続を目指す3分備忘録

子育て親父のオススメお出かけシリーズ(遠征編1 群馬県)

シリーズとは言ってみたもののとりあえず一発目

 

群馬をドライブ中にたまたま見つけたスポットを紹介しよう。

道の駅霊山たけやま

www.town.nakanojo.gunma.jp

 

 

何気なく立ち寄った道の駅だけど

「ぼうけん砦」という名前のアスレチックがあるんだ。

これがなかなかよかった。

f:id:tipman:20170323215840p:plain

無料で遊べるちょっとした遊具みたいなものなんだけど

なかなかしっかり作りこんであって、子供は目を輝かせながら飛んで行った。

特に頂上から長い滑り台が設置してあって、それが楽しいらしく

何回もすべっていたよ。

オススメ年齢:4,5歳から小学生向け

滞在時間:1時間

 

隣には「こども館」という建物がある。

ここにはちょっとしたボールプールやおもちゃなどがある。

どちらかというと幼児向けかな。

オススメ年齢:3歳くらい

滞在時間:1時間

 

遊んでおなかがすいたら「そば処けやき」がある。

ここがうまかった!

なんでも石臼でひいた十割そばなんだってよ。

よくわかんないけどね。うまかったよ。

天ぷらもよかった。海鮮なんかないよ。山だからね。

でもそれが良い。舞茸なんかサクッとしてジュワジュワッだからね。最高だよ。

しかしだ、この日の一番のヒットはすいとんなんだ。意外じゃない?

下の子がさ、まだ蕎麦たべさせてないから変わりに頼んだんだ。

そしたらさ、うまいんだこれが。

何がいいって味噌が全然違う。甘味も旨みもそこらのもんとは全然ちがうね。

子供用に頼んだのに両親でほとんど食べちゃったもん。

帰りにも蕎麦じゃなくて味噌買って帰ったしね。

 

ほかにも蕎麦打ち体験とかもできるらしいし、ここから山登りに出かけることもできるらしい。

 

まとめ

ちょっとした休憩でも良いし、一日遊んでもよい。

ちょっと遠回りしてでも立ち寄る価値はある。

 

親父オススメ度 ★★★★☆

 

ポルシェデザイン ペンシル P’3120 レビュー

注文してた

ポルシェデザイン ペンシル P’3120 アルミニウム アンセラサイト

が届いた。

ちょっといろいろあって遅くなったけど

それについては今度書く。

 

ともかく、これが外観

f:id:tipman:20170209180146j:plain

 

f:id:tipman:20170209180219j:plain

中の箱

 

f:id:tipman:20170209180230j:plain

開けた所
うっひゃー
って言っちゃう。かっこええ。アンセラサイトってこんな色なのか。

 

ペン本体

思ったよりでかい。
ボールペンみたい。

だいたい多色ボールペンと同じくらいの大きさ。

 

持ってみる。
アルミの質感を非常に良く感じられる。
回して芯を出す。かっこいい。
握る部分はさすがの一言。
手にぴたっとフィットする。
もう二度と離れないんじゃないかという感じ
というのは言いすぎだが、本体と同じアルミの質感でこの使用感は感心する。
1つ難点を挙げるとすると
重くてでかいこと。
ペン回しが出来ないくらい。
長く使っていると疲れるかもしれない。
あと机に置くとにゴトっという音が大きい。

 

書いてみる。
重い本体に0.7mm芯の滑らかな書き心地が相まって
コントロールしにくい。
ただ、書き続けるとなかなか楽しい。
止まると重みをズシッと感じる。
最初に入っている芯はHBだろうか。薄い。
2Bくらいの芯の方がいいと思う。この辺は個人によるかな。

 

殆ど所有欲のために買ったようなものだが
おおむね書き心地も満足だ。
一生もののシャープペンシルが手に入ったことは
非常に価値があると思う。

使い込んでいくのが非常に楽しみだ。

建設業経理士1級1ヶ月取得PJ

建設業経理士の試験まであと1ヶ月と少し

なのに

全然勉強できてない

 

いやぁ、さぼったなぁ

まずいな

非常にまずい

 

とりあえずプロジェクトの名前を付ければやる気がでるかもしれない

建設業経理士1級1ヶ月取得プロジェクト

だな

出来るかどうかは別として次回の計画の役に立てばいいよね

 

まずはタイムスケジュールだ

全3教科を1月でやるわけだから

1教科1週間+予備1日でやろう

2/3~2/10  原価計算

2/12~2/19 財務分析

2/21~2/28 財務諸表

あら、丁度2月末ぴったりでおわる

素敵やん

 

全5問だから1日1問でいいのか

1日目~5日目で第1問~第4問

6,7日目で第5問かな

 

テキストは

迷ってる時間も勿体ないので

本屋さんで平積みになってる問題集をざっと買ってきた

これでいこう

 

f:id:tipman:20170202220646j:plain

 

 

最大の問題は勉強時間の確保

隙間の時間を使うしか無いと思う

睡眠時間は7時間欲しいし

これから年度末に向けて仕事も増えるし

通勤は満員電車だし

ということを踏まえると

だいたい

5:30に起床

6:00まで勉強

7:00 に家を出る

20:00に会社を出る

21:00に家に着く

21:30までにいろいろ済ませて60分勉強する。

22:30就寝

 

このガッバガバな予定もさることながら

1日1.5時間×1か月で受かろうとしてるってのが

危機感無さ過ぎてやばい 

 

 とりあえずあしたから頑張ろう。

 

 

アンパンマンミュージアムレポート

こういうのって

どこまで書いていいのかわからないけど

次行く時のためにも残しておく。

ショーの内容とかは書いたらダメなのかしら。

まぁ、いっか

 

11:00

横浜駅からシャトルバスで向かう。

社内も音楽や映像が流れたり

子供たちをどんどん煽ってくるスタイル。

 

11:15

先に食事にした。

ドキンちゃんのカフェ

 食べたもの

ドキンバーガー 1,000

テリヤキバーガー 1,000

どちらもポテト付きで安っぽくない。

味も思っていたよりずっと良かった。

こういうキャラクター物の食事って

値段だけ高くて中身がひどいイメージだったけど

最近はちゃんと美味しい物を提供してるのかも知れない。旨かった。

 

12:00

無料のダンスショー

 まず始めにアンパンマンとアニメ声のお姉さんが4人出てきて歌って踊る。

アンパンマンダンスの切れが半端ない

さすが正義の味方。鍛え方が違う。

続いてカレーパンと食パンが登場。

3人で踊りまくる。

カレーパンマンはちょっとがに股だし動きもダイナミックだった。武闘派なのかもしれない。あと、お腹がでてた。

続けて何曲かメドレーで盛り上がったところに突然のパラパラバージョンが始まり、周り含め子供達がポカンとしたときの会場空気はなんともいたたまれない気持ちになった。

 

12:30

ミュージアムへ。

行列がすごい。

30分くらい並んで中へ

全部で3階ある。

大人も子供も1人1,500円

子供はおもちゃがついてくる。

 

1階

劇場やボール遊び場などがある。

子供たちも比較的落ち着いて見ていられるが目を離したら行方不明になる

 

2階

お店屋さんの模型やバイキンUFOなどがある。

子供たちのテンションを押さえきれなくなる。しかし、出入り口は限られているので逃げても確保することは可能。

 

3階

色々なキャラクターの等身大人形や

アンパンマン号がある。

子供たちはもはや制御不能となる。

写真に夢中の親たちとの相乗作用により

混沌とした空間となる。

 

13:30

体力が尽きたため退出。

その前にパンを買う。

Uncle Jam's Bacary 

ってステラおばさんてきなあれか。

 

子供たちも寝たので横浜まで徒歩。

20分くらい。散歩としては丁度いい。

背中におぶさってる重荷が無ければ。

 

 

14:15

横浜駅から電車。

親にとってはいい運動だった。

 

まとめ

子供たちは終始楽しそうだった。

親は大変だ。

車の方が楽かも知れないが駐車場が高そうなのでまよいどころ。

食事が旨かったのが意外なポイント。

無料でもそれなりに楽しめるがやっぱりミュージアムに入ったほうがいい。

 

 

ちなみに

帰ってから、よく寝て体力回復した子供たちに公園に連れて行かれた。

 

仕事よりキツい。

行くときは覚悟しておいた方が良い。 

 

ポルシェデザインシャープペン

すごく物欲を刺激されるシャープペンを見つけた

ポルシェデザイン

アルミニウム アンセラサイト ペンシル 0.7mm

 

☝これ

 

 完全に見た目にやられました

 

いいところ

カッコイイ

以上!

的な

 

 

んでも

14,000円だって

たっけ。

100円シャーペンが140本買えるじゃん。

そんなにつかわねぇよ。

 

 

でもなー

これはいいなー。ほしいなぁ。

所有欲満たしてくれることこの上ない。

 

やっべーなー

amazonが買えって言ってくるし

あんなに使いやすかったクルトガがいまいちに思えてくるし

「あれ、0.7mmってことは0.5mmのシャープペンと共存できるから

全然無駄にならないじゃん」とか

「一生もののシャープペンが14000で買えるなら得じゃん」とか

思えてきたし。

 

いやいやいやいや

実際作りはファーバーカステルだし使いやすいのは間違いないんだ。

パーフェクトペンシル格好いいよね

あれも欲しいけどさすがに手が出ない

 

 

 

とはいえ、そんなにシャープペン使う機会も無いんだけども。

勉強のときくらいか。

あれ、これ買ったら勉強やる気出るんじゃね?

受かったら14,000くらい簡単にペイできるじゃん。











えいやっ

 

 

f:id:tipman:20170128002018p:plain

 

 

買ってしまった!

うわー買っちゃったー

10日後配達だって。

すぐもってこいやぁぁ。

 

んんー

わくわくするぜー

 早く使い倒してレビュー書きてぇ

 

根拠のない自信は相手にとってはただの不安要素かもしれない話

友人の結婚式の二次会で

幹事グループに入れてもらったので店との打合せに同行した。

そのときの打ち合わせ内容が以下。

 

幹事「見せてもらったレイアウトだと5人用のテーブルが10台しかありません。

これだと50人分程度にしかなりませんよ。参加者は130名なので足りなくないですか?」

 

店「立食ですから。皆さんこれくらいのレイアウトで開催してますよ。」

 

幹事「その場合、片手にグラスをもったまま食事をすることになりませんか。」

 

店「部屋の端にはソファを用意しています。

少し行儀が悪いですが、ソファに置いてもらったりしています。」

 

幹事「ソファは座れても10~15人程度に見えます。

それでも足りないと思うのですが。」

 

店「大丈夫だと思いますよ。」(ドヤ顔で)

 

幹事「当日早めに入って会場確認後、増やせるようなら増やしてもらえるように

予備のテーブルを用意してもらえませんか。」

 

店「必要ないと思いますよ。」(めんどくさそうに)

店「どうしてもというなら用意できますが、動きにくくなります。

 

なんか、文章力が足りな過ぎて状況をぜんっぜん伝えきれないけど

要するにさ、こっちが数字出して話をしてんのに「大丈夫です」の勢いだけでのりきろうとすんなってこと。

経験上なのか何なのかわからないけど、ちゃんと話をしろってこと。

 

自分勝手なのか、自信があるのかわからないけど

自分の都合を相手に押し付けている気がする。

 

こういう人間は信用できない。

自分も気を付けよう。

 

 

人事制度ってなんだ

下の子が生まれてから全く行ってなかった、いわゆる異業種懇談みたいなのに行ってきた。

結構衝撃だったというか考えるところもあったので忘れないうちに備忘録

 

感じたのは、うちの会社の出世の遅さ。

同年代(30台中盤くらい)でうちの会社だと早くて主任、係長クラス。

大多数が役職無しだ。

 

でも今日の感じだと課長とか、担当課長とかが多かった。

部長の人もいた。

 

ただの肩書きだし、給与は思ったほど変わらなかったけど驚いた。

 

もちろん、出世が早い会社は降格もあるし

評価によって給与が下がることもうちの会社よりは多いみたいだ。

 

うちの会社は「課長で〇年やってどのくらいの評価なら部長にする」

みたいな感じだから、「〇年」というのがポイントになる。

どんなに結果を出してもその年数は辛抱しなくてはならないのだ。

 

頑張って結果を出した人にとっては苦痛だろう。 

そう考えるとやる気も起きない気がする。

 

なんでこの「〇年」というのがあるのだろう。

マグレ当たりでうっかり昇格してしまうのを防ぐためだろうか。

たまに大当たりを出す社員も平均的に結果を出す社員も

同じように評価されていいとおもうのだが。

しかもこの年数指定、若年層のほうが年数が長いのだ。

老い先短い連中はそんなに時間がないということか。

 

今の人事制度にあまりメリットは感じられないけど

大多数の社員を説得して、動かして、

人事制度を変えられるようなロジックも思い浮かばないしなぁ

自分が偉くなったら変えられるかしら。偉くなりにくい仕組みなのに。

 

もやもやするなぁ。