tipman’s blog 333

3日坊主が3ヶ月継続を目指す3分備忘録

【衝動買い】transbok mini を買った【万歳】

先日、メイン機として使っていたSurfacePro(初代)が壊れたので

代替機を探しにビックカメラに行った。

 

あんまり買う気はなくて、

最近の流行りとかが見れればいいと思ってた。

そしたらまずあったのが

YOGABOOK 

 

すごいって、これ。

なんかうごきがやばい。

ちょっと使いにくそうだけど、見た目とギミックが変態で素敵。

変わり者が好きな人はぐっとくると思う。

でも前にYogaTablet2が1年でこわれたので

しばらくlenoboは買わないことにしてる。

でもそれがなかったら、買ってたかもしれない。それくらいインパクトある。

こういうのはネットより実店舗で見たほうが実感沸くね。

 

次に見たのがASUSのTransBook Mini

 

 

 

見た感じ、なんちゃってSurfaceで、2in1は買わないと決めていたから

(さっきYOGABOOKにやられそうになってましたが)

そんなに興味はなかったけど、持ってみたらまぁ軽いこと!

540gだって。

うけるんですけど。

キーボードも押しやすいし。

 

なんだこれ!ってなって

 

うっかり買っちゃった。

購入後レビューはあとで。

 

こうして考えると10インチの2in1しか見てないように見えるけど、

実際もう少し見てはいるんだよ。

でもいろいろバリエーションが出てて面白かったのはやっぱりこのサイズかな。 

 

uwscで回数指定してループ処理

ループ処理をするときは

For文を使う

 


For 変数 = 始数値 To 終数値

~~~関数~~~~

Next


※その都度必要なループを指定する場合は下記

j = Input("繰り返し回数を入力")
For  i = 1 to j

~~~関数~~~~

Next

 

 

2017手帳考察メモ3

そもそも

 

手帳で何が管理したいのかというと

1 予定

2 やること(todo)

3 時間をつくる

 

今まではこの3ができていなかった。

この中で一番やりたいけどできていないのだ。

降ってくる予定や仕事を裁くのが1と2な訳だから、

これができれば手帳として十分といえる。

しかし、なんとか3を実現したいところだ。

今は仕事と家族とで一杯だ。予定がパンパンだ。

ここに資格の勉強や他のコミュニティへの参加を加えたい。

そうなるとどうしても時間が足りない。

 

つまり、

今後の予定の把握だけではなくて、空き時間を見つけられる

タイプの手帳が必要になる。

 

ここで問題になるのが、その分析時間の確保だ。

よく時間術の本なんかに書いてあるような

日次、週次、月次での自分レビューなんかはとても

出来そうにない。

 

唯一時間を取れるとしたら、通勤時間かと思う。

電車の時間が30~40分程度なので

時間的にもちょうどいい。

が、ここにも問題はある。

混むのだ。とても。

つまり、カバンから大きいサイズの手帳を取り出して見るのは

非常に難しい。

大きくてもA5、できれば内ポケットに入るサイズが好ましい。

また、その際に書き込むことも考慮して

立ったままでも書き込めるようなタイプが良い。

ペンホルダーもあれば良い。(後付け可なので優先度低い)

 

こうやって考えるとだいぶ絞られてくる。

(最初からやっておけ、という話だが。)

 

以上のことから再度検討すると

まず第一候補

・ジブン手帳mini

 

 

自分を分析して時間の使い方分析ができそう。

っていうかそういう目的の手帳でしょ?

サイズもB6で内ポケットに入りそう。

ただ、立ったまま書き込みは難しいか。

あと重そう。

 

続いて第二候補

・ツイストリングノート バイブルサイズ

 

バイブルサイズでひっくり返して使えることから

通勤中の閲覧、書き込みも問題なし。

現在使用しているため、使い心地も把握している。

システム手帳なので、正直中身次第だが、

弱点は見た目がちゃっちいこと。

合皮が張り付けてあるタイプもあるが、結局リングのプラスチックは変わらない。

 

そして第三候補

・文具王手帳

これもシステム手帳なので、中身次第だけど

重そうだから内ポケットは厳しいかもしれない。(やっぱり実物が見たい)

表紙にジョッターがついているので

立ったままの記述は問題ないだろうと思うけど、

「なんとなくいろいろできて便利そう」の域を脱しない。

 

 

なんかだいぶ固まってきたな。

時間的にもそろそろ決めるとしよう。

SurfaceProが起動しない

現在メインPCとして使用している

初代SurfaceProが起動しない。

 

電源ボタンを押してもウンともスンともいわない。
長押ししようが音量ボタンと一緒に押してみようが

時間空けてみようが何をしても全然だめ。

発売直後に買ったから3年と少ししかたっていないのに。

windowsタイマーなのか、ちくしょう。

 

ちなみにYogaTablet2も同様の症状でだめになった。

電源スイッチ周りが鬼門なのかもしれない。

 

にしても 

こういう時に簡単に中身を開けられない2in1のタイプは弱いと思う。
原因の切り分けもデータの救出もできやしない。

 

メインのPCをsurfaceでサブPCをChromebookで考えていたのに。

 

いちおうmicrosoftのサイトで見積もりをしてみたら・・・

f:id:tipman:20161204163415p:plain

64,000円!

新しいの買えるじゃないか。

 

それなら新しいのが欲しいよな。

 

2017手帳考察メモ2

前回から、

いままでどおり安定のツイストリングノートのシステム手帳か

いろいろ詰まった楽しそうなジブン手帳かで

悶々と悩んでいた。

そのとき、ひらめいた。

 

もうひとつ楽しそうな全部入り欲張り手帳があるじゃないか

 

そう、知っている人は知っている

何年か前に話題になった文具王手帳である!

バイブルサイズの手帳でありながらA4が挟めて、

なんやかんやで使い方がいくらでもありそうなそんなワクワク手帳である。

 

思いついたら欲しくなるよね

 

当時は面白そうとは思ったけど全然買う気無かったからちゃんと見てないんだよね

今でも売ってるかなー

どうかなー

 

と思って 丸善→ハンズ→ロフト

と巡ってみた。

 

そしたら、

どこもまずシステム手帳が

手帳コーナーの隅っこに追いやられていて

定番のAshfordとかがちょろちょろっと置いてあるだけで

「こりゃあ無いな」

って感じだった。ひどいもんよ。まったく。

 

 

代わりに、じゃないけど

手帳コーナーの中心にいたのは

なんと対決候補のジブン手帳

各色そろってサンプルも置いてあって

それはそれはVIP待遇だったよ。

これがコクヨの力なのか。

 

 

んで、仕方ないから検索してみたら

なんと売ってた。amazon

 

 

 2万円だって!

たっけ。

いや、多分がんばってるんだろう。

そんなに数多く売るわけでも無いだろうし。

本革でしっかりしてそうだし。

 

でも2万かー

今のツイストリングノート400円だからなー

50倍だなー

 

 

一回実物見たいんだけど

どっかに売ってないもんかね

それとも、もう買っちまうか。

 

んーーーーー

来年の手帳

いまだ決まらず。

 

 

2017手帳考察メモ1

毎年悩みながら買っているくせに、記録としてまったく残していなかったので今年からメモを残しておくことにした。
これが来年以降の糧になればいいと思う。

 

まず2016年は、

・手帳
リヒトラブのツイストリングノート(バイブルサイズ)
にマンスリータイプのリフィルを挟んで使用

・ノート
コクヨのソフトリングノート

で運用している。

これがなかなか悪くないんだ。

  

運用方法は、
ツイストリングノートを当月見開きの状態でディスプレイに立てかけて使用している。
ノートでタスク管理とメモを管理
抱えている仕事を一覧で記載し、そこから枝を伸ばしてマインドマップ風で使用している。

ソフトリングノート書きやすい。すばらしいよ。

 

手帳は常に持ち歩いて、ノートは会社に置きっ放し。


良い点
・当月ページを常に開いているので、各種の資料作成締め切り予定と各月のルーティンを把握するのに便利。

・タスクとメモを同じページに書いているので見やすい。

・360度開いて折り返して使用できる。

 

改善したい点
バイブルサイズだと少し記入面積が足りない
・ツイストリングノートのリングの部分が邪魔
・プラスチックがちゃっちい
・短期間のタスクなら良いが長期間にわたるものは過去の経緯がわかりにくい

・過去のメモが乱雑になってしまう
・Todoをノート側で管理しているため、いざというときに持ち歩いていない場合がある

 

来年の手帳の目標
・一覧性と携帯性の両立
・Todoは手帳側で管理したい
・システム手帳のリング部分は何とかならないものか

 

2017手帳候補1
スライド手帳

特徴
・常に2週間を表示
・用紙の両側に綴じ穴が付いていて、週の終わりにスライドさせて使用する

良さそうなところ
・2週間表示だから記入スペースが大きい


残念なところ
・日付入りではない
・先の予定を見たいときにマンスリーに比べて不便かも
 (例えば、2ヵ月後が何ページ先なのか分からないし)

 

2017手帳候補2
ジブン手帳mini

特徴
・ジブン手帳のB6版
・DIARY、LIFE、IDEAの3冊セット

 

良さそうなところ
・ジブン手帳を使ってみたかった。ライフログとか興味あるし
・いろいろ情報を詰め込めそう

残念なところ
・多分続かない
・バーチカルタイプは苦手
・重そう


候補3
Pat-mi

特徴
・マンスリーとウィークリーの情報が一度に確認できる

良さそうなところ
・現在と同じマンスリータイプ
・必要な分だけ持ち歩ける

残念なところ
・A5サイズはちょっとでかい
 スーツの内ポケットに入らないと不便なんだよ


候補4
無印良品のB6マンスリー

良さそうなところ
・余計なページが無くて使いやすそう


残念なところ
・シンプルすぎてつまらない


まとめ
ジブン手帳いいな。全部盛りって感じ。
でも絶対使いこなせないね。自信と実績がある。
そうなると無印かな。つまんないけど。
何か今のバイブルサイズのシステム手帳でも悪くない気がしてきた。

折り返して使える便利さは無視できない。

ジブン手帳もあきらめられん。

もう少し迷おう

 

Kinder Plants

アンパンマンでおなじみのフレーベル館が室内遊戯施設を開設するとの事
場所はトレッサ横浜
オープンは12/9(金)
http://www.froebel-kan.co.jp/wp/admin/files/2016/11/%E3%80%8CKinder-Platz%E3%80%8D%E9%96%8B%E8%A8%AD%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B.pdf


これは、楽しそうだ
行きたい。

ボールプールやなんかがあったりして
見た感じキドキドっぽさを感じる
https://kidokid.bornelund.co.jp/


料金は
子供が最初の30分600円その後10分ごと100円
大人は500円(延長なし)


これもキドキドと全く一緒
やっぱり意識してんのかな


ただ
トランポリンやなんかが無くて絵本コーナーがあったり
置いてあるおもちゃもキドキドより小さい子向けに見えるけどどうなのかな。


絵本コーナーもあるんだって。
さすがフレーベル館
アンパンマンあたりは図書館にもたくさん置いてあるので
ちょっと珍しい本が置いてあるとうれしいね。

ともかく1回行ってみないことには。
混みそうだなー
並ぶかなー