読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tipman’s blog 333

3日坊主が3ヶ月継続を目指す3分備忘録

人事制度ってなんだ

下の子が生まれてから全く行ってなかった、いわゆる異業種懇談みたいなのに行ってきた。

結構衝撃だったというか考えるところもあったので忘れないうちに備忘録

 

感じたのは、うちの会社の出世の遅さ。

同年代(30台中盤くらい)でうちの会社だと早くて主任、係長クラス。

大多数が役職無しだ。

 

でも今日の感じだと課長とか、担当課長とかが多かった。

部長の人もいた。

 

ただの肩書きだし、給与は思ったほど変わらなかったけど驚いた。

 

もちろん、出世が早い会社は降格もあるし

評価によって給与が下がることもうちの会社よりは多いみたいだ。

 

うちの会社は「課長で〇年やってどのくらいの評価なら部長にする」

みたいな感じだから、「〇年」というのがポイントになる。

どんなに結果を出してもその年数は辛抱しなくてはならないのだ。

 

頑張って結果を出した人にとっては苦痛だろう。 

そう考えるとやる気も起きない気がする。

 

なんでこの「〇年」というのがあるのだろう。

マグレ当たりでうっかり昇格してしまうのを防ぐためだろうか。

たまに大当たりを出す社員も平均的に結果を出す社員も

同じように評価されていいとおもうのだが。

しかもこの年数指定、若年層のほうが年数が長いのだ。

老い先短い連中はそんなに時間がないということか。

 

今の人事制度にあまりメリットは感じられないけど

大多数の社員を説得して、動かして、

人事制度を変えられるようなロジックも思い浮かばないしなぁ

自分が偉くなったら変えられるかしら。偉くなりにくい仕組みなのに。

 

もやもやするなぁ。